160911_7
9月11日(日)、すごろくやさんのす箱にて、松本太一さんが講師の『アナログゲーム療育講座:学童編』を受講しました。

9/11 ゲストMC企画イベント:アナログゲーム療育講座 ~学童編~ 高円寺0分すごろくや


松本さんの講座を受けるのは3回目です。

すごろくやさんにて松本太一さん「アナログゲーム療育講座」を受講

松本太一さんの「すごろくや・アナログゲーム療育講座Vol.3」を受講


今回は年齢別の講座で、学童期(7歳~12歳)に特化した内容です。メインテーマは「客観的思考の形成」「コミュニケーションスキルの獲得」という内容の話でした。

有料の講座ということで、話の内容については少しだけにして、体験したゲームの紹介を中心に書きたいと思います。

体験したゲーム

160911_9
講義の最初は幼児期(3歳~7歳)の話をして、未就学児から楽しめる『虹色のヘビ』を体験。色合わせでヘビのカードを並べていくシンプルなゲームです。

普段、子どもと接している方が集まっているせいか、頭としっぽが繋がって、カードを獲得した人には拍手をしていたことが印象に残りました。

ゲームを楽しむためには、成功した人・勝った人を称えることも大事だということもしっかりと教えているんだろうな~と思いました。


このゲームは先日、参加したゲーム会でも遊びました。そのとき、説明書には掲載されていない遊び方を教えてもらいました。プレイヤーは手札を3枚持って、その中からカードを選択して場に出すという遊び方です。

同じ卓で遊んだ人が「考える要素はあまりないゲームなんですね~」とおっしゃっていたので、(得意気に)「こういう遊び方もありますよ~」と上記のルールを教えました。

※参考
「さいころテーブル」ゲーム会に参加しました!(1)


160911_8
続いて学童期向けのゲームで『ファイアドラゴン』。

前回の講座では、紹介だけしていました。一緒の卓でお話させていただいた方が「ファイアドラゴンは、盛り上がりますよ!」という話も聞いていて、やりたかったゲームでした。

サイコロを2つ振って、どちらの目でコマを動かすか?どちらのドラゴンを動かすか?学童期の子どもにとっては、程よい選択肢の中で判断をする良いゲームです。

火山が噴火したときにルビーがバラバラ~と散っていくのが楽しいですね!

今回、遊んだときは噴火の目がなかなか出なくて、ルビーが火山に溜まった状態で時間切れになってしまいました。噴火のタイミングでも盛り上がりそうです。

ゲーム終了後の注意点で、ルビーを袋から出すときにバラバラ~と勢い良く出してしまい、どれが誰のものかわからなくなることがあるので注意してくださいと教えてくれました。


160911_3
『背中を歩くのはどなたです』というゲームの紹介もありました。出題者は、お題カードに描いてある動物の歩き方を回答者の背中の上で表現します。

このゲームは、代表者4人だけが体験しました。松本さんの「やりたい方、いらっしゃいますか?」の呼びかけに、(勇気を振り絞って)挙手をして、やらせてもらいました。

160911_4
代表者は前に出て、みんなの前で行いました。松本さんがホワイトボードにお題の動物のグループを書いてくれて、見ている人もどの動物なのかを考えられる形にしてくれました。

出題者が回答者の背中で歩き方を表現すると、見ている人で答えがわかった人は「あ~~」という声を上げていました。

このやり方は、見ている人も楽しめるので、学童保育の帰りの会とかでやってみても面白いかなと思いました(帰りの会ではなぞなぞなど、ちょっとしたレクを行っています)。


他、2つのゲームを遊びましたが、タイトルはあえて内緒にしておきます。

おみやげ

160911_10
講座の後は、すごろくやさんの店舗へ。

160911_5
今回の講座で体験したゲームを購入しました。

正確にいうと、『わたしはだあれ?』は体験はしていなくて、紹介だけでした。

本当は『背中を歩くのはどなたです』を購入するつもりだったのですが、勘違いをして『わたしはだあれ?』を購入していました。何となくタイトルもゲームの雰囲気も似ているので…。

まぁ、紹介もしていたし、良いゲームだろうということで、良しとすることにしました。

★★★

松本さんの講座では、ゲームの紹介・体験に加えて、そのゲームを遊ぶことで何を身につけることができるか実際に遊ばせたときのエピソードを聞くことができるのが良いところの一つです。

タイトルは「療育講座」となっていますが、療育の現場で働いている人でなくても、子どもと一緒にゲームを遊ばれる方は参考になる部分も多いと思います。

今後も、新しい講座や再演も開催されるようなので、気になる方は、参加を検討してみてください。

すごろくや:イベント情報