170428_1
4月29日(土・祝)にサラダ館白鳥店さんにて行われて「エルフェンランド会」に参加しました。

コマを最初に置く・置かない

170428_7
今回のゲーム会は『エルフェンランド』で遊んだことがない人や、インストができるようになりたい人が対象でした。

『エルフェンランド』ゲーム会…の予告 | 親子で遊ぼう!アナログボードゲーム!!in葛飾
 
170428_2
サラダ館のかずひろさんの説明を聞いた後、最初は3人でプレイ。

170428_3
わかりやすかったのが、サラダ館さんオリジナルの「地形別コスト一覧」。乗り物タイルを置くとき、地形ごとに利用できる乗り物が確認しやすくなっているので、非常に便利でした。


170428_5
次は5人でプレイ。先程は使用しなかった「目的地カード」を使いました。

170428_4
ゲーム終了時の写真です。説明書のやり方では、開始前に全ての街にコマを置いて、街に着いたらコマを回収します。それを逆のやり方で、街に着いたらコマを置いていきました。

それぞれのやり方のメリット・デメリットは以下の通りです。

■最初にコマを置く
メリット:ゲームが終盤にさしかかったとき、ボード上のコマが少なくなって、誰がどのくらい進んでいるのか状況把握しやすい。
デメリット:準備でコマを置くのが面倒。ゲームが進むにつれてコマが消えていくので、ボード上が寂しくなっていく。

■街に着いたらコマを置く
メリット:準備に時間がかからない。
デメリット:ボードを見ても、コマがありすぎて、誰がどのくらい進んでいるのかがわからない(コマの入れ物を用意して、他のプレイヤーに見えるように置いておけば解決できる)。

人数によって違うプレイ感

今回のゲーム会で良かったことの一つは、1回目は3人、2回目は5人でプレイしたこと。人数によってプレイ感が違うことを体験することができました。

■3人プレイ
他の人とルートが被りにくい ⇒ 計画通りに進めやすい

■5人プレイ
他の人とルートが被りやすい ⇒ 計画通りに進めにくい

プレイ人数が少ないと黙々と考えながら遊ぶ感じになり、多いと想定外の展開が起きやすいので「えぇ~」といった声が出たりして、ワイワイ言いながら遊ぶ感じになります。

アットホームなサラダ館さん

今回は、私は大人一人での参加でした。他の方は親子・夫婦で来ている方もいらっしゃって、 和やかに遊ぶことができました。

サラダ館さんでは、毎月、親子ゲーム会を開催されています。今回も、普段のゲーム会に来られている方が参加されていました。関係ができあがっていて、とても良いなと思いました。

羨ましいと思ったのが、親子で来られている方が自転車で帰っていったこと。私は電車で1時間くらいかけて帰ったのですが…。近所の方が集まって、ゲームができるのは素晴らしいですね。

自分も地域密着のゲーム会を開催できたら良いなと改めて思いました。

★★★

170428_8
エルフェンランドで遊んだ後、スコットランドヤードを6人でプレイ。ゲーム会に参加している方から借りている旧パッケージのものだそうです。

170428_9
面白かったんですけど、怪盗Mr.Xを捕まえられる気が全くしませんでした…。また、やってみたいゲームです。スコットランドヤード東京で遊んだら、さらに面白そう。

170428_6
ゲーム会終了後、ボードゲームを販売しているサラダ館さんで『エルフェンランド』を購入。上記の地形別コスト一覧とサラダ館さんオリジナル説明書をサービスでいただきました。