170521_1
5月21日(日)埼玉県の某所にて行われた「さいころテーブルゲーム会」に参加しました。前回の記事の続きになります。

第2回さいころテーブルゲーム会に参加しました!(1)

遊んだゲーム

170521_7
私の持ち込みで遊んだ『バウンス・オフ!ロックン・ロール』。

下に丸いドームがついていて、ボールを入れると重みで傾きます。ボールがスライドする部分もあって、ちょっと頭を使う部分が出てきます。

170521_6
他の方の持ち込みで『背中を歩くのどなたです』。

自分が引いたカードの動物の歩き方を、相手の背中で表現します。すごろくやさんで行われた「アナログゲーム療育講座」でも紹介されていて、子どもに遊ばせたいゲームだなと思いました。

相手にどのように伝えるかを考えるのが楽しいです。重さであったり、スピードであったり、様々な表現方法があります。見ている側も「あ~、なるほど~」と楽しむことができます。

170521_5
こちらも他の方の持ち込みで『王さまとカフェ』。先日のゲームマーケットで購入されたそうです。

王さまとカフェ | 鍋野企画 | ゲームマーケット

記憶力とスピードが求められるゲーム。スピード負けしないようにヤマをはる作戦をとって、注文カードをゲットすることができました。

デザイナーさんの名前がどこかで聞いたことがあるな~と思っていたら、『犯人は踊る』と同じ作者さんでした。

170521_4
私の希望で遊ばせてもらった話題の新作ゲーム『クイビット』。 

他のプレイヤーとの読み合いが楽しい。繰り返し遊びたいゲームだと思いました。大人は間違いなく楽しめると思うのですが、子どもはどこまで考えられるのか見てみたいです。

170521_3
こちらも私がやりたいと思っていた『ザ・ゲーム』。

協力型のゲーム。プレイヤーは順番に、手札の数字カードを昇順・降順のどちらかを選んで出していく。できる限り、手札のカードを出し切って終わらせることが目的です。

「この場所は良いカードを持ってるから、出さないでほしい」といった感じのことをプレイヤー同士で話しながら、進めていきます。その際、数字を伝えてはいけません。

このゲームはとても面白かったです。なんで、こんな怖いデザインなんだろうと思っていたのですが、実際にやってみると、ゲームの雰囲気をしっかりと作っていて感心しました。

購入しようと思ったら、どこも品切れ状態。残念…と思っていたら、新しいバージョンの日本語版が発売されるようです。



命令カードというのが加わるみたいですが、その命令をなくせば、旧バージョンと同じように遊べるみたいです。

170521_2
最後は『魔法のラビリンス』。

見えない壁をうまく避けながらアイテムをゲットする。記憶力が必要なゲームです。実際に遊んでみて、子どもが絶対に好きなゲームだなと思いました。

★★★

子ども向けのゲームをいろいろと体験することができました。後半は遊びたいゲームをチョイスしたところもありますが…。

たくさんゲームを用意していただいて、他にもやりたいゲームがあったのですが、時間が足らないですね…。でも、楽しかったです。また、同じような機会があれば、参加したいです。