160512_6
先日、下記の記事にて、学童保育で遊んでいるボードゲームを3つ紹介しました。
学童保育で遊んでいるボードゲーム『ナンジャモンジャ』など

今回は、子どもたちに人気の「スピードを競うゲーム」を紹介したいと思います。

同じマークを早く探す鉄板ゲーム!『ドブル』

160512_9
海外のボードゲームの中では、定番中の定番!初めて遊んだ人の多くが楽しいと感じる「外さないゲーム」ではないでしょうか。私が働いている学童保育でも、稼働率が非常に高いです。

160528_8
遊び方はいくつかあるのですが、一番遊ばれているルールは、カードをプレイヤーに同じ枚数になるように配布。真ん中に一枚カードを表向きにおいたら、ゲームスタート。

自分の手札のカードと場に出ているカードを見比べて、同じマークを見つけたら、そのマークを叫んで、カードを場に出します。上の写真だと「帽子を被った人」が共通しています。

叫ぶときの名前は、他の人がわかれば何でもOKです。「帽子の人」、「オレンジの人」など…。ちなみに説明書には「オレンジマン」と書いてありました…。

プレイヤーの順番は決まっていなくて、早く叫んだ人がカードを場に出すことができます。一番早く手札のカードがなくなった人が勝者です。

どのカードを見比べても、必ず同じマークが入っているのが、このゲームのスゴイところ。遊んでいるときは、なかなか見つからなくて「本当かよ!?」って思うのですが…(笑)。 でも、必ずあるんですよね~。

160528_11
やることがシンプルなので、1年生でも遊べます。上の写真のカードは、施設に置いているもので、他のボードゲーム好きな職員が持ってきてくれました。

今、販売されている商品のカードとマークが少し違っていて、「ART」とか「OK」といった文字があります。1年生と遊んでいたら、これらの文字が読めないので「えいご!」と叫んでいました(笑)。

考えるスピード勝負!『おばけキャッチ』

160528_2
このゲームも鉄板ではないでしょうか。ドブルと同じくスピードを競うのですが、ちょっと頭を使うゲームです。

160528_10
5種類のアイテムのコマから、決められた1つのコマをはやく取るゲーム。何のコマを取るかは、カードに描かれている絵によって決められていて、2パターンあります。

パターン1は、5種類のコマのどれかと、カードに描かれているアイテムで同じ色のコマがある場合。そのアイテムのコマを取ります。

写真のカードでは、赤色のソファと青色のネズミが描かれています。5種類のコマの中に、赤色のソファのコマがあるので、これをとります。ネズミに関しては色が違うのでハズレです。

160528_3
パターン2は、カードに描かれているアイテムで同じ色のコマがない場合。これが少しややこしい。

写真のカードには、灰色のソファと青い瓶が描かれています。ソファのコマは赤色、瓶のコマは緑色です。カードとコマの色が一致していません。

この場合は、カードに描かれているアイテムではないコマ、さらに描かれている色と同じではないコマを取ります。 灰色はネズミ、青色は瓶が共通しているので、全く共通していない「おばけ」をとります。

アイテムを取ることができたら、カードをもらいます。山のカードがなくなった時点で、獲得カードが多い人が勝者となります。


このゲームは、インストを簡潔にできると気持ちが良いです。子どもがインストしているときに、事例を出しながら簡潔に教えているのを見て、感心してしまいました。

子ども同士でルールを教えている姿を見ると、なんか嬉しいです。ホッコリした気持ちになります。

ガチのスピード勝負!『スピードカップス』

160528_1
このゲームも非常に人気が高かったです(今は出していません)。

160528_4
5色のカップを指定された順番に並べるゲーム。

160528_5
カードには色のついた絵柄が描かれています。この色の順番にカップを並べます。

160528_7
これが並べた状態です。カードの絵によって、縦に積み上げるパターンと、横に並べるパターンがあります。

160528_6
カップを並べ終わったら、このベルを「チン!」と鳴らします。順番に間違いがなければ、カードをもらうことができます。山のカードがなくなった時点で、獲得したカードが一番多い人が勝者です。

カードを見る、カップを並べる、ベルを鳴らすという3つの行動があって、どれもスピードを要する。ガチのスピード勝負、スポーティーなゲームです。


非常に人気の高いゲームだったのですが、ベルを強く叩きすぎてしまうという問題が発生…。壊れかかってしまったので、引っ込めることにしました。

音が鳴るのも気になるところ。ベルの音だけでなく、「カッポカッポ!」とカップを並べる音もするので、周りの子がうるさく感じてしまうかもしれないというのも懸念点です。

様々なゲームを出していくと、学童保育で遊ぶのに適したゲームというのが、少しずつわかってきます。後ほど、そういったテーマの記事も書きたいと思います。

様々な特徴のゲームをおきたい

今回は、スピード勝負のゲームを紹介しました。ルールがわかりやすい、結果がハッキリしている、白熱しやすいといったところもあって、子どもたちの人気が非常に高いです。

純粋なスピード勝負で運の要素がない分、実力差が出てしまいやすいところもあります。 異学年で遊ぶと、高学年が勝つ傾向にあります。


どのゲームも一長一短のところがあるので、ゲームのバリエーションを豊富にしたいと思っています。 置いてあるゲームの特徴が偏らないようにしていきたいです。

運の要素を楽しめるもの、戦略的要素の強いもの、勝ち負け関係なく楽しめるもの、 コミュニケーションを楽しむものなど…。様々なゲームを置いて、子どもたちに遊んでもらいたいと思っています。